トリートメントタイプの白髪染めはここがいい

トリートメントタイプの白髪染めはここがいい

色々な種類がある白髪染めですが、最近人気がある白髪染めは、トリートメントタイプ。

 

どうして、人気があるのでしょうか?

 

髪が痛まない

白髪染めって、髪がガシガシ、パサパサになりがちですが、トリートメントタイプは、髪の毛にダメージを与えるこ
となく染められます。

 

髪を健康にする

天然由来の栄養成分がたくさん入っているので髪にも頭皮にも優しく、使えば使うほど髪が健康になっていきます。

 

手軽に染めれる

新聞紙や手袋を準備したり、汚れないように気にかけたりは一切不要です。普通のトリート
メントと同じようにお風呂場で素手で使えるので、手間がかかりません。

 

 

 

10分ほど放置するだけで、染まります。簡単に染められるのも、人気のひとつでしょうね。

 

刺激が少ないということで、一回では染まりにくいこともありますが、数日かけてゆっくり染まっていくので、根元が目立たないので自然に染め上がります。

 

臭いも、気にならないものもたくさんでていますし、価格も、普通のトリートメントとさほどかわらず、使えます。

 

髪が痛まず、健康になり、手軽に染めれる・・・人気がでるはるですね。

 

トリートメントカラー ランキング

シャンプータイプの特徴

白髪染めで、人気があるのはシャンプータイプです。

 

なぜなら・・・簡単に染めれて、髪に優しいからです。

 

白髪染めで気になるのが、やはり手間と髪へのダメージですよね。

 

手袋やケープの準備をしたり面倒なことがなく、いつものシャンプーと同じ感覚で洗って流すだけ。

 

放置時間もまったくいりません。

 

それに、素手で使えるので、肌にも優しいということになり、髪へのダメージを最低限に抑えています。

 

使いやすさは、色々なタイプの中で一番いいですね。

 

しかし、髪に優しい分、染まりにくいこともしばしば。

 

色が入れば、きれいに染まりますがしっかり、染まるのに一週間ぐらいかかることもあります。

 

使えば使うほど、輝きが出てきてツヤもよくなります。

 

止めればすぐに白髪が目立ってきますので、毎日使いがオススメ。

 

しかし、そのぶんコストもかかるのでシャンプータイプのデメリットでもありますね。

 

髪へのダメージを考えて、安全をとるか、時間短縮をとるか・・・時間短縮からいえば、男性には一番人気のタイプのようです。

 

ゆっくり知らないうちに染まり、さりげなく若返る・・・そこが、人気のようです。

自宅での白髪染めとケアの仕方

自宅で白髪染めをする場合、注意する点がいくつかあります。

 

きれいに染める為には、均一に染めることがポイントとなります。

 

髪の多い人は特に髪をヘアクリップ等で小分けしておくと均一に斑なく染まります。

 

使用説明書をみると、手順もしかり記載されているのでその通りに染めていくと自分でもきれいに染めれます。

 

まず毛先から塗めていきます。

 

根元は、体温に近い為熱がこもりがちになり、染色液が反応して染まるスピードが早まります。

 

毛先と根元に、すこし時間差をあけると最後には斑なくきれいにそまるでしょう。

 

染めてからのケアも大事ですね。キッチリケアしないと、トラブルの元になりますね。

 

放置した後、シャンプーをしますが、ます、シャンプーを使わないで洗い流します。

 

薬液が落ちたことを確認してからシャンプーに入ります。

 

 

ぬるま湯がオススメです。
いつも以上に時間をかけて、丁寧にしっかり洗い落としましょう。

 

適当にしていると髪質が悪くなったり、地肌の肌荒れにつながります。

 

染めたことで、髪はかなりダメージを受けてます。トリートメントやコンディショナーでしっかりケアして健康な髪へと戻しましょう。

白髪染めオススメはこちらから!

白髪染め後のシャンプーについて

白髪染めを行った後の髪の毛はとてもダメージを受けています。

 

白髪染めの後はしっかりとしたケアを行う事が必要です。

 

白髪染めの後は、カラー専用にシャンプーがいいでしょうね。

 

なぜかというと、白髪染めは、染色液の中にアルカリ剤が入っており、そのアルカリ剤が髪のキューティクルを開いてしまいます。

 

カラー専用のシャンプーは弱酸性のものが多く、クエン酸等が含まれているので、キューティクルを素早く元の状態に戻してくれます。

 

後、白髪染めの効果を長持ちさせるためには、髪の洗い方にも大切なコツがあります。

 

髪を洗うというよりも指の腹を使って頭皮を洗うように心がけ、シャンプーをよく泡立てて髪同士の摩擦を避けてたっぷりのぬるま湯で丁寧に洗うことが大切となります。

 

髪も傷みやすくなりますので、ゴシゴシ洗わないようにしましょう。

 

髪の毛に白髪染めが付着したままだととても髪の毛にダメージを与えてしまいます。

 

白髪染めの染色液は、なかなか綺麗に落とせないので、シャンプーの泡に白髪染めの色が付かなくなるまで、2度洗いを行ってしっかりと染色液を洗い流すようにしましょう。

 

 

シャンプーを2回行った後は、カラー専用のコンディショナーやトリートメントで、髪を保護するように洗っていきます。

 

髪の傷みや毛羽立ちが気になる人は、更に、ヘアパックでケアをしっかりとしておきましょう。

 

シャンプーを終えた後は、タオルで水分を拭き取りドライヤーで乾かします。

 

十分にタオルドライをした後にドライヤーをかける事が大切なのです。

 

髪の毛が濡れたままでは、髪の毛同志が擦れあってしまい痛めてしまいます。

 

しかし、ドライヤーのしすぎにも注意ですね。

 

正しいヘアケアを行う事で、白髪染めも長く持続してくれるでしょう。

 

白髪染めはこちらから!